WEB関連用語集

アクセス解析・・・ホームページ・ネットショップなどの各種WEBサイトに対するアクセスログを元に、どこから見に来てるか、どの時間帯・曜日が多いか、どのページでサイトを離脱したかなどを解析し、サイトの修正に活かすサービスのこと。


RSSフィード・・・XMLを基本としたデータ形式の一種で、WEB上の新着記事などの更新日などが含まれており、RSSリーダーと呼ばれるソフトを使って受信すれば、複数のサイトの更新状況をすばやく収集することができます。


HTML・・・HyperText Markup Languageの頭文字をとった略称で、インターネット上に情報発信するためのマークアップ言語のこと。しかし、現在では、HTMLは4.01が最終バージョンで、後続としてXHTML2.0が後悔されている。


検索エンジン(サーチエンジン)・・・膨大なインターネット上の情報の中からキーワードなど使って検索できるサービスことで、大きくい分けてGoogleやgooなどのロボット型とYahoo!JAPANなどのディレクトリ型に分けられます。


コーディング・・・HTMLなどのプログラミング言語を使ってソースファイルを作成していくことで単純にソースを組めばいいというものでなく、コーディングの質もサイト自体の良し悪しに大きく影響を及ぼします。


コンテンツ・・・インターネット上のサイトが提供する内容や情報やサービスなどのことで、どういったコンテンツを掲載するかでサイト自体の魅力が大きく左右されるといっても過言ではない。一般的に、企業が提供する商品やサービスのことをコンテンツと表現する場合もある。


コントロールパネル・・・一般的には、コンピュータなどの各種設定を行うメニュー画面のことを言います。CMSのコントロールパネルも各種設定やテキスト入力など、サイトに反映させる情報をコントロールする管理画面のことで、更新作業等もここでの操作だけで行えます。


CSS・・・カスケーディングスタイルシートの略でレイアウトを定義するための規格のこと。CSSを使うことでテキストの大きさや行間などを細かく定義づけ作業効率を上げるだけでなく、デザインを表現する際の調整には必要不可欠なものといえます。


CGIフォーム・・・サーバー側で動くプログラムの1種でホームページやネットショップの「お問い合わせ」や「ショップカート」などの部分でよく使われています。HTML言語ではできない双方向通信が可能で、応用でアンケートフォームなどを作成しデータ収集にも活用することができます。


CMS・・・別名コンテンツ管理システムと呼ばれサイトを構成するテキストや画像、デザイン情報などを一元管理し、サイトをコントロールパネル上で構築・管理できるソフトのこと。CMSの導入によりHTML等の知識がなくてもある程度までサイトを更新していくことが可能になります。


ドメイン・・・ドメインとはインターネット上の「住所」みたいなもので、大きく分けて契約しているプロバイダや無料サーバーのものと、独自に取得するオリジナルドメインとに分かれます。例えばyahooさんのショップではhttp://store.yahoo.co.jp/○○○○○/index.htmlといった感じになりますが、独自ドメインの場合http://www.adshin.net/という感じになり短く覚えやすいドメインにできます。


ブラウザ・・・インターネット閲覧ソフトのことでWEBブラウザとも言い、一般的に約9割の方がWindowsのInternet Explorer (IE)を使用している状況にあると言われています。その他のブラウザでは、Mozilla FirefoxやOpera、Safariなどがあります。


ブログ・・・インターネット上で公開している個人または、グループでの日記風のサイトのことで、用意に更新でき、価格も無料ではじめられるものもあるため、爆発的に普及している。最近では、ブログを使ったマーケティングなども主流になってきている。


ポータルサイト・・・インターネット上の窓口となるサイトの総称で、あらゆるサービスを駆使してユーザー層の拡大を図っている。代表的なものでYahoo! JYAPANがあげられるが小規模で言えば地域の情報サイトもポータルサイトと呼ぶこともある。


メルマガ・・・電子メールを使って配信されるサービスのことで通称メルマガと呼ばれている。基本は、どこかのサイトなりに登録することで、その登録元から定期的にメールマガジンが届く仕組みである。


FLASH・・・「ホームページ」や「ネットショップ」のトップイメージ・ページ誘導用のバナーなどに用いますが、簡単なゲームなどもでき、可能性を秘めたグラフィックソフトです。サイト内に、ユニークなアニメーションを取りいれたり、企業イメージ・商品イメージをビジュアルに見せることで付加価値を感じてもらえるようなデザインをご提案致します。


テンプレート・・・簡単に言うと「ホームページ」の雛形になります。『らく~だ』に関しては、用意されてるデザインの雛形から選んでいただき、それをベースにコンテンツを入れ込んでいくかたちになります。 もちろん、オリジナルテンプレートもOK!!!

らくーだ用語集Glossary

Blog Category

成功へ導く、『らくーだ』活用術!

『らくーだ』は、他社を含めた多くのCMSサービスの中では、初心者向きで分かりやすく、更新をされる側(お客様)視点での設計がされたCMSサービスです。メリット1・・・・・・とにかくホームページ作成が簡単!メリット2・・・・・・掲示板・ブログ・アクセス解析などの機能が充実!メリット3・・・・・・アクセス解析とセットになっている為、やる気が出る。この3つのメリットをフル活用していただければ、「作っただけでほったらかし!」という良くあるケースに陥るどころか、更新がとても「楽しく」なりやる気がでてくるでしょう。『らくーだ』活用術では、ホームページ成功への道案内をしていければと考えております。ホームページを、さらに成長さ.­.­.­
RSS 2.0